charrita

top project products snap catalog blog contact

恐ろしい

 




このでかさは半端じゃないっす

暑くなってきたので コイツが頻繁に出現し始めました
家の中で潜んでます。。

お腹がぶっとく 何と妊娠中でした


家の中で産卵なんてされた日にゃー もう確実に失神だね









Febrero loco

 

OAXACAに戻ってみて   出発前と気候が変わったなあ

空気がぬるい



夕方になって 強風が吹いている

そんな Febrero loco の空









Febrero loco

 

OAXACAに戻ってみて   出発前と気候が変わったなあ

空気がぬるい



夕方になって 強風が吹いている

そんな Febrero loco の空









Hierve el agua

 

今日の遠足 









































加湿器と除湿器

 

このタイトルでピーンときたアナタは もうオアハカを分かってらっしゃる!!
大抵の事が 180度真逆なオチになる事は決定的だからね。
半端じゃない真逆感



こないだ来たD.Fの友達が

「チーちゃん達も加湿器買えばいいのにー!朝が違うよ〜 今D.Fではいまじゃ普通だよ!」

と言うので 

「なぬ? D.Fには加湿器が売ってるの?? しかも普通に売ってるだとぉ?」


実は最近ね 妙な息苦しさと夜中の酷い咳き込みに悩ませれている私は
半端でない乾燥とホコリで 気管支が弱っているなあ・・と
高地にいるのと同じような酸欠状態が続いている。
昨日 ほぼ期待せずにオアハカ中の まああるだろうスーパーやデパートなどを
くまなく見に行ってきた。

あるだろうと思っていた場所は全て見て全く無し。
店員も加湿器の意味が全く分かってなかったし。 まあいいけど。

でオアハカでは一番高そうな物が売られてるデパートへ行き
ここなら高そうだけど有るでしょうと
最終切り札にして余裕で売り場へ向かった。
その頃にはクタクタもいいとこ。
オアハカ一周してるからね。 

いざ 小さいながらもヒーターなどが2-3個置いてある売り場には
全くやる気のみられないおばさんが一人ボーっと突っ立ってる。
ささっと見渡して 一個だけ下半分に明らかに水を入れる容器があり
上部には蒸気が出るであろうバーツがついてるのを見つけた。
これじゃない??

「あの〜・・」

こちらの希望を伝えてみると10秒くらいおばさんの沈黙が続く。

ヤバイなこの展開。

で沈黙の後に何かをひらめいたかの様に何台かのヒーターに向かって

「これよ! これが嫌だったらこっちもあるわ!!」

あのさ〜 嫌だったらじゃなくてさ〜  ヒーターは欲しくないんだよ。
言ってる質問の意味が分からなかったら、誰か他の担当者に変わってもらうとか
それくらい出来るでしょ?

「で、この機械はそうなの?そうじゃないの?」

「そうよ!!加湿器よ」

と言い放った このおばちゃん。

ここの売り場の担当者は居ないか聞くと 20分は戻らないと言う。
という事は 1時間とは言わないけど 倍の40分は戻らないな。。。

こんなにクタクタで もうこんな事に時間を使いたくないし
きっとこれでしょ 水入れる部分もあるし と
危うく危険な選択をするところでしたよ うっかり。
買おうといていた私。 

で こんなところで待ってる気はさらさらないから
近場のもう一つのデパート風に行ってみる。
責任者的な人に笑顔でそんな物の取り扱いはないと。


ちょうど時間も潰せた事で 先ほどの売り場に戻る。

案の定 売り場担当はおらず それよりもあのおばちゃんすら居なくなっていた。
レジとかそのまんまだし 売り場の物結構高価なものだし お客さんレジの中歩いてるよ。

「ええ?  いいのこれで??」

こりゃ参ったと 全く違うコーナーの若者を取っ捕まえて質問した。
この機械を買いたいんだけど説明お願いしま〜すと。

すると若者

「これ 除湿器だよっ! ほら湿った空気や匂いの気になる空間に置けば
 すっきりさっ」

ってアンター なんでこんなカラッカラに干涸びつつある所に
除湿器なんて売ってんだよー これ以上湿度を奪ってどうするんじゃー!!!
ウワオ〜〜 誰が買うんじゃい!! 
心の中は恐竜の様に罵声を浴びせていたよ 心の中はね。


わたくしこれは予測不可能な結果でしたね。 こいつぁ一本とられたな。
こう来るとは思わなんだ。

この機械にかけていたこの情熱が こんな結果に
余りの脱帽感に その機械の前で体育座りしちまいました。 ペタンとね。
口は大きく開いたままだったと思う。

さすがのエリアス君も
「チーちゃん残念ね 可哀想」と言いつつも絶対心の中で大爆笑してたはず。


ま、いいよ そんな事じゃじたばたしないよ。

今度のD.F出張の際手荷物で買って来てやる フフフ。


全てもの救いは あの時点で買わなかった事だな。
買ってしまったら返品出来ないとか言いそうだし 返品作業にまた一日費やしそうだし。



諦めて昨夜はボールにお水をはって お部屋のスプレーなどとにかく湿度を上げるものを
拡散しました。 朝は少し楽だったかな。
ベッドの横に いい香りの物は置いてても空気が乾燥しすぎると
匂いが届かないんだよね。

夜 たまに息が出来なくなってしまう事があるんですよ。
だから濡れた空気にアロマなどの匂いが必要。
無臭だと空気が無く感じるから。



D.F行く迄は暫くこれを続けます。

























明けましておめでとうございます

 

皆様 明けましておめでとうございます


始まりましたね 2012年

良い年超しでしたか?



メヒコに来てからおせちも口にしてないし お正月らしい事は全くです。

今日2日から 正月の雰囲気も何も醸し出さず

殆どのお店は通常営業

そういう部分は みんな働き者だなあと関心するのですが。



12月は日中は暑い日もあり 今年は随分暖冬なんだわと思っていたけど

1月1日になってすぐに 気候がガラっと変わりました。

風がびゅーびゅー吹き荒れて一気に寒くなりました。

1月 2月 そしてちょっとの3月 風が強く吹き荒れます。

これを過ぎれば パキッパキの暑いオアハカがやって来るのです。



年が明けて 我が家の屋上で 街に上がる花火や爆竹を見ながら

友達と宴会をしていたのですが

宵闇に浮かぶ下半分の半月が 変な形でモンテアルバンの隣の遺跡の有る山に

吸い込まれるように姿を消して行くのを皆で見ました。

雲に隠れただけなんだろうけど でも妙な形に

それがあっという間で ものの10秒も経たないうちに。




1月に入って気候が変わったせいで 空は雲が入り乱れ空気が荒い。

そのせいもあってか

「今年も何かが起こりそうな・・     何事にも十分注意して進みなさい」

と言う直感が一同 同じ思いの年明けでした。




1日の元旦は 山に行きたいという友達を連れて tlacoluraのメルカード”ティアンギス”へ。

D.Fに住む彼らは オアハカ式のティアンギスが楽しかった様。

マーケット内にある食堂で 羊やヤギの煮込み「バルバコア」を男共は食べました。

一度バルバコアでサルモネラ食中毒にかかった私は

今後一生バルバコアは食べないと決めたので 食べてません。

女子はもう少し優しそうな「ケサディージャ」などにしたけど

それでも 私達2人共やっぱりお腹痛くなってしまって。

どうしてもお腹に合わないんだよなあ・・・  美味しいのに。









tlacoluraで作られているこのひだいっぱいのトマト。

これでサルサを作ると美味しいんだよと 生産者のセニョーラに頂き

これが甘くて美味しかったんだよな。。

一度焼いてからサルサにするのがコツ。

D.Fの友人はとても気に入り 1バケツ10ペソを購入。





この寸胴鍋には ヤギや羊が頭蓋骨ごと入って煮込まれてます









完食


このお皿 泣かせるね


という訳で 今年も宜しくお願いします☆






ありがとう 2011年 

 

2011年も ここメヒコは 残すところ11時間ほどです。


本当に今年は色々ありました。

悲しい事も沢山  でも新しいチャレンジだっていっぱい出来た。



旅もいっぱいしました。


アルゼンチン キューバ  そして日本。


感じ取った色々な感覚を また2012年に生かしていこうと思います。



お世話になった皆様 そして新しく出会った方々 ずっと応援してくれている仲間へ

charritaはまた一年 メヒコで物作りに励んでいきます。


こんなに物を作ることが楽しいと思えた年は始めてでした。

作り手と最終的に商品が渡るお客さんの思いを

それだけをいつも考えながら やってきました。


皆さん 本当に支えてくれてありがとう。



来年はどんな年になるかな・・


いつも希望と情熱を持って精進していきます。

2012年も また宜しくお願いします。



どうぞ良いお年をお迎え下さい







charrita

chihiro yamagishi

elias ramirez moya




クリスマス

 

クリスマスが終わると 一気に年末を感じるのは
メヒコにいても同じです。


オアハカは 年末と言ったってどうせ暑いし そんなに日本に居るように
そわそわする気持ちは無いなあ。 
お正月を迎える前に、毎年必ずお父さんがアメ横に美味しい魚を買いに行っていたとか
年末のテレビ番組をチェックしたり 勿論大掃除に手を焼いていたり
今になっても 日本に居なくても 毎年そんな事を思います。

ここもメキシコ人と日本人の風習の違いでしょう。
新しい年を迎えるにあたっての心構え?らしき事がメヒコには
あるのでしょうか?


今日12月25日は日曜日。日曜日は大抵どこも休みなので静かなのですが
昨日24日は土曜日  みんなきっと飲み過ぎて今日はみ〜んなが二日酔いなんでしょうね。
いつもに増して静かですからね。

エリアスラミレスも今ソファーで大いびきかいてますよ。


昨日は、日中普通に仕事をし 夜は何か美味しいものでも食べに行こうかと
行きつけのアルゼンチンレストランに行ったはいいが
何とお休みだったんですよ。
そこは  オアハカで有名なデザイナー"silvia souarez"のfamilyが経営してるお店で
値段はそこそこしますが 肉はとびきり美味しいのですよ。
だから強烈に疲れたり 安全で美味しい肉を欲した時にはよく行きます。

以前 そこでの食事中に ウエイターを呼びたくても中々来てくれなかった時があり
別席で食事中の女性が いきなり立ち上がり大声でウエイターを呼びつけ説教を始めたのが
シルビアだったんですよ。 

「ええ〜?! シルビアここで何やってるの?」とちょこっと話したりして
シルビアも私達だったって事に少し恥ずかしそうに顔を赤らめつつも何か忙しそう。

シルビアのお母さんがアルゼンチン人で  とても気さくでいい人。
経営者なのに 普通にキッチンに入って頭に変なネット被って
仕込みとかしてるから。 こんちわ〜なんて言うと
あら〜いらっしゃい〜ってネット被ったまま挨拶してくれる。
シルビアの弟は 最初はボンボン気取りでツンケンしてたけど  
またこれが  セントロのbarでしょっちゅう会うので そこから普通に話すように。

で 彼は
「1月1日以外は毎日openしてるから!! クリスマスだってどんな日だってね」

って言ったじゃんかーー!!  このウソつきー     笑


それを信じた私達が間違ってたのか。 
とにかくアルゼンチンの分厚い肉を食べる事で頭がいっぱいになっちまって
それをかき消す事がどうしても出来ず(ラミレスが) 
別のアルゼンチンレストランに行く事で丸く収まりました。


結果そこの肉よりシルビアのお店の方が全然美味しかったな。



食事が終わって 私達は誘われていたパーティーに顔を出す事に。
ビスナガまでフェルナンドを迎えに行く。







このgarcia vigirという通りから下を臨めば みんなの広場ソカロへと繋がります。
沢山の人で盛り上がってるんだろうな〜

サンフェリペという少し高台にある地域に住むロドリゴの家でのパーティーでした。
ロドリゴはビスナガで彼のお手製ビールを作っていて  生ビールで飲む事が出来ます。

着いてみれば 庭でたき火を囲んで色んな人がくつろいでいました。
いい感じだわ〜




殆どがスペイン人 そしてウルグアイ人やイタリア人も。
英語圏の人も居ました。
メキシコ人は ビスナガ連中とjicaraというレストランをやっているmelinaのみ。

色んな人が色んな理由でオアハカにいるんだなあ〜






そしてこの赤ちゃんネコも

この子オスだけど 名前を女性名のsimona(シモーナ)と名付けられ
怒り気味の子猫ちゃん



 


人懐っこくて おっさん達がずっと相手していたよ





このイタリアおっさん メスカル飲みながら simona抱えずーっとここを動かず
同じ話を何度も繰り返す
「イタリアは北部と南部じゃ全然違うんだ」って
例として オリーブオイルやトマトに例えてみたり じゃ日本はどうだ?と
全ては北部と南部の違いに話を絡めたいらしく そしてそれが彼には
重要な事なんだと思った









たき火って温かいんだね

こんなに違う国の人があるタイミングで集まり みんな知らない者同士でも
共通のスペイン語で語り合う。
私だけスペイン語圏の人じゃないけど 今はスペイン語が分かるようになったから
こういう人達共 色んな話が出来る。 完全には分からないけどね。
それだけで 不思議だなあとか みんな自由だなあとか思う訳です。

いいよなあ 自国以外の国と共通の言葉を持つ人達は。。


スペイン語って響きもいいし 文字の並びもかっこいいし
各国でイントネーションや癖が全然違うので
何か面白いんだよね。
国が違うのに共通語があるって 本当に羨ましい事だな。







そんな12月24日の夜の出来事でした。


おわり


















日曜日は遠足

 

日曜は 大体どこもお休み。

したがって 天気さえ良ければ 遠足に出かけるのが良いと思われます。


という事で 本日は el tule から始まり santa ana del valle ーtlacolulaのティアンギス
更にはhierve el aguaへ行こうという ハードスケジュールながらも
ピンポイントで名所を回るコースに決定!
なぜなら本日がオアハカ最終日だから。
エリちゃん 運転頑張って〜 時差ぼけだけど。


ちなみに teotitlanと共に santa ana del valle はタペテの生産で有名な村で
なんとそこの親しい生産者が 収穫したばかりのとうもろこしをひいて
出来立てのトルティーヤの朝食をごちそうしたい と
この間の打ち合わせの時に言ってくれたので
これは是非彼らにも!とサプライズ企画を練っていたのです。


まずはel tule



たく社長 奥〜の方にちっちゃく居ますけど なにか?

























santa ana へ





二人を乗せて

 





ドライブはご機嫌に





<< | 2/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others


(c)charrita