charrita

top project products snap catalog blog contact

友人の死

 

これを書くか書くまいか非常に悩んだけど

書く事にしました。

後になってもココにその事実と記憶が残るから...



7/10(土) 私達はD.Fに住む大切な友人カップルと会う約束をしていた。

彼らとはここオアハカで知り合い その後彼らはD.Fに移り そこで生活をし

私達がD.Fに行けば必ず会う 心の繋がりの深い大切な友人だった。


彼らが車でオアハカに来ていて ”会いたい”との電話があり

会う約束をし 私達は少し早めに待ち合わせ場所に行って待っていた。

彼らはその時、オアハカの中心地から3時間程離れた山の村に居たので

慌てず気をつけてゆっくり来るように伝え 到着を待っていたものの

時間を過ぎても訪れず メールをしても返事がなく。

おかしいなと思っていたけど 4時間待ってその日は家に帰宅。


その後も連絡も何もなく どうしたんだろうか...と。



そして7/13(火)に 別の友人から真剣な声で一本の電話が。

”彼らは 7/10 交通事故で亡くなった” と。。。


こんな事が本当に起こるのか?? 

待ち合わせして あともうちょっとの時間で再会を喜びあうはずだったのに

”今 そっちに向かっているよ” というメールを最後に

もう会う事は無かった。



それからの私達は 悲しみのあまり気が動転し 色んな事が頭を駆け巡り

顔がぷっくり腫れ上がり 顔の形が変わる迄 いや変わっても泣き続け

事実と受け入れられず でもその悲しみを

どうやったら正面から受け止められるか。

苦しくて苦しくてしょうがなかった。

凄く怖かった。


とにかく詳しい情報を調べるため 何度も新聞社を訪れ

その時の事故のニュースをやっと入手する事が出来た。

事故の原因は

国道沿いを泥酔酩酊運転していた相手のバンが 彼らの運転する車に正面衝突....

何故彼らがそんな目にあわなければならなかったの?



本当に心の豊かな そして温かい大好きな二人だった。

まだ若くて夢も希望もいっぱいあって

これから現実になろう 彼らの夢が始まった矢先に

その命が一瞬で絶たれてしまった。

色んな事をいっぱい笑いながらお話するはずだった彼らが。



メキシコにいると 起こる事実がいつも体当たりで とてもリアルで

喜びも悲しみも衝撃が強すぎる。 何でだろう。

先日車が故障したのも ”十分に気をつけなさい” という事だったのか。


ショックと悲しみは続くけれど 今はやっと正面を見る事が

出来るようになりました。

ずっと生涯忘れられない出来事...


冥福を祈ります。


























 










コメント
鳥肌が立ってしまった。
適切な表現がみあたらないけど
大切な人の死はとても心に衝撃で
ましてや待ち合わせしてるそに日になんて。
どんな声をかけても、Yの気持ちが晴れることは
ないだろうし乗り越えるには時間がかかるだろうけど
今は私も会ったことのないあなたの友人のために静かに
冥福を祈ります。

メヒコでの生活や経験がとってもYにとって大きな人間としての成長につながってるのでしょう。

応援してます。
  • yuri
  • 2010/07/29 11:03 AM
hola yuri !

ありがとう。

信じられない様な現実がよく起こるけど、
受け止めて どんな事でもありがたみと感謝の心を忘れずにいるよ。

そうそうksh.のHP見たよ!
全部可愛いじゃん!!
あと伊勢丹でイベントやるんでしょ。
凄いね 頑張ってるね〜
10月tokyo行くから、その時また色々
お話しよう。

そしてもう過ぎたけど誕生日おめでとう♪


  • chi
  • 2010/07/30 2:32 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others


(c)charrita