charrita

top project products snap catalog blog contact

大好き!teotitlan


teotitlan del valle  ”テオティトラン デル バジェ” という

サポテコ族のラグ、織物生産で有名な村。


アメリカはニューメキシコのチマヨなどは余りにも有名ですが

ここテオティトランもその歴史と技術には定評があります。


代々受け継がれてきた織り機や染色技術、織り方など

各家庭の味があるわけです。


私も色々な家族と仕事はしてますが

このアウラリアさん おばちゃんとおばあちゃんの間くらいかな〜

凄い親しくしているおばちゃんです。




大抵の人は、結婚し子供を持ち 家族総出でこの家業を行うのが普通なのですが

アウラリアさんは未婚で 勿論子供もいなく ずっと一人でこの大変な作業を

行っているのです。 だから 賢いし 何より元気!

「昔 好きな人はいたけどね〜駄目だったわ〜 ワハハ」

とか言ってケラケラっと笑うお茶目な可愛い人。


とは言っても、村にはお姉さんの家族やおじさんなど 沢山の親戚がいるので

寂しくはないみたいですけどね。




昨日は、糸が必要だったので 彼女のお家に行ってきました。




この丘を登れば、テオティトランが一望出来る高台にある こじんまりとした家


 


何度かおじゃましてるけど 毎度聞こえてくるのは静寂の中にある

済んだ空気の音 のみ。

たまにワシ?タカ?が我が物顔で優雅に羽ばたいてるくらい。


タペテで生計を立てる 凄いお金持ちの大きなお宅も結構あって

玄関の扉を開けると 広い中庭と織り機と....    など

そんなの無くたって 360度全部が見渡せる丘と自由があるもん!っていう

とってもコンパクトなサイズとシンプルなお家が アウラリアさんらしくて

それも可愛いのですよ。

トイレは無いので、近所の親戚の家に借りに行っているそうです。



















糸を一緒に巻く姿は 孫とおばあちゃんのようで...

まあ実際 たわいもない冗談を言いながら こうやって一緒に仕事をしている事が

凄く居心地が良くて。

ちなみに 私の事をチヒロと呼ぶのが難しいようで

チャキーラと呼ばれてます。


自分のやっている事を説明するのが 誇りというもの

アウラリアさんにも糸を作り出す部分から実演してもらいました。



まずは刈ったままの羊の毛 (そこからか...)

これを川に洗いに行く所から始まるのですが 今は川に水が無い時期なので

雨が降り 水が流れる時期に行くそうです。











洗った毛から こうやって糸を紡いでいくのです  羊から...

その後 染めの行程→織りの作業 と続くわけです。


こういう技術は 小学校位の時から 

学校が終わると お家でお父さんが教えてくれて 

毎日毎日やっていたそうです。


今回はアウラリアさん特集でしたね!





ああ 可愛いなあ....



コメント
こんにちは。
コメントありがとうございました!
迷惑かな(ドキドキ)... と悩んだ末のトラックバックだったので、
お返事うれしかったです。
京都のはしっこでcharrita-blogの更新楽しみにしています☆
☆chihiroさん

京都の方なんですね。
私もchihiroさんのブログ楽しみにしてます!
  • chi
  • 2010/04/04 4:06 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
更新されるたびに欠かさず読んでいる大好きなブログがあります。メキシコのオアハカを拠点にオリジナルアイテムの企画開発や製作、現地の先住民族が使用するアパレル用品や生活雑貨などの卸販売業務をされている「charrita(チャリータ)」http://chi-blog.charrita.com
  • hananoco だいありー
  • 2010/04/02 1:31 PM

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others


(c)charrita