charrita

top project products snap catalog blog contact

chignahuapan

 


次はプエブラ州の北部へ


途中迄高速道路だったはずなのに いつのまにか一般道になっていたというメヒコの不思議



今回 車で走って明らかに分かった事が メヒコの国道 標識 合ってない上分からない〜 !!!


という事でしょうか? 


ま 想像通りでしたけど。




で フィエスタ後  しんどいけど今日移動しておく必要が有った為


かなりの距離を移動するプランに決定し  


高速からなぜか一般道に切り替わり そこからがちょっと危なかった。


明るい時間帯ならまだしも 夕暮れ時の山越え & 標高が異常に高く霧全開 という


予想していなかった展開。


とにかく霧深く電気が一個もないカーブ続きの山越え 想像してみて下さい!!w



息をのんで 心を一つにし w   ゆっくりゆっくり下山しているのが分かって


ああ まだ生きてる 良かった・・・


そんな感じでした。




その後も とにかく暗いから  神経をすり減らしながら運転してるエリちゃんに


キンカンを肩や頭のてっぺんに塗って  目を覚ましつつ運転続けてもらって w


でも今日は限界だなあ 目的地迄着かないなあ 手前で宿を探そう!


と思うと 気が抜けて気分が楽になりました。



暫く行くと 何だか車が渋滞してる村のそばに差し掛かり 明かりもある!


ちょっと寄ってみましょ〜



あちこちに Pueblo Magico (魅惑的な町) の看板もある!


スペシャルな匂いがするな なんて思っていると






そこは Chignahupan チグナウヮパンという村のお祭りでした☆☆


もの凄い数の屋台と少しアルテサニアのフェリアなど


田舎の人々の楽しみが ぎゅーっと詰まった 夏祭り的な感じでした。


すごく素敵だったなあ・・・








子供もジャンクフード片手に夜遅く迄外で遊べるし 


若者達はここぞとばかりにカップルでデートしてたり


こっちが照れくさい 甘酸っぱい気持ちにさせられながら 


今夜はここで宿をとる事にしました。




後でD.Fの友達に聞いたら このChignahuapanという場所は有名な観光地で


近くに温泉もあるのだとか!!


標高高い山の中にある為 夜はぐっと冷えて冷えて 毛布3枚に包まって寝ました。







夜も11時を過ぎた頃から  スーパー ソニデロ(でかいサウンドシステム)備わる


特設ステージで  おじさんグループのクンビアライブが始まり


それもまた 田舎を感じ  とても良かったですよ。


これも真夜中迄続いてたから パワーありますよ。




普段は きっと質素に生活してるだろうインディへナの人々も


お祭りは無礼講!って みんなオープンになり 夜更かしし


翌日は日曜なので ちゃんと早朝かた教会のミサにも行き w



ここのpuebloは 空気が澱んでなく  立ち寄って良かった場所でした。































コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others


(c)charrita