charrita

top project products snap catalog blog contact

たまにやってくる不幸中の幸い

 






いや〜参りました・・・


この一番忙しい出荷ラッシュの最中に 一番の生き甲斐サッカーでやっちまったようです。



幸い 骨折でもヒビが入ったわけでもなく捻挫との事だけど


それ聞いて 本当に一安心。


地面に足付けて歩けないので  いつものたらい回しに合いながらも 松葉杖買いに行きましたよ!


My 松葉杖☆☆  いらな〜い・・・




レンタルは無いの?って聞いても 誰も知らない。


また振り回される事考えて(本人歩けないしね) 即購入。





ちなみに 本人手に持ってるパープルの棒は 家に有った唯一の棒


即席の杖で 家のほうきの柄 笑



これで病院行ったり、レントゲン撮りに行ったり 松葉杖買いにいって


恥ずかしいったら・・・


こっちは必死だから そんな戯言言ってられないけど さずかにこれはね 笑




何かのタイミングで必ずやってくる ハプニングの数々。


別に気が緩んでいる訳ではないんだけど   大体が忙しい時期とか え〜今?って言う事が多い


からまあ不思議なもので。


でも、幸いに命に別状はないし  最悪のシナリオは避けて来れてるし


良しとするしかない◎




本人 リーグ準決勝にて まさかのアクシデント。



悲願の決勝戦欠場にしくしくと涙していたよ。



なので 大好きなチームのメンバー応援に行くって 決勝戦には松葉杖ついて 



嬉しそうに家出てった!



一応彼はキャプテンだから☆



ちなみに、今迄決勝戦迄残って 一度も勝てた事は有りません  笑




勝てば良いね☆







別世界

 


二日連続で メキシコシティー郊外の Estado de Mexico (メキシコ州)へ


新たなプロジェクトの為行ってきました。




2日とも 別の取引先ですが  偶然にも同じ方向で 大変危険な為


正直普段全く用がないエリアなので   身軽に大事なものは持たずのちょっとビクビクでした。







Indios Verdesを超えると一気に広がるスラム街。 どこを見てもこういう景色が。


私達の住むセントロエリアから 僅か30分程行けば  全く別世界が待っています。




起点となるindios Verdesの駅は  MetroとMetro Bus、はたまた各郊外バス路線の最終駅の為


駅周辺は 屋台、物売り、人人人で ものすごい状態。


ターミナルと言っても、ターミナル施設が有る訳ではなく  普通の道路に


バスが大量に止まっているだけで  通勤に使っているであろう郊外の住民が


大量に押し寄せ Indios Verdesから今度は更にセントロエリアにみんな向かう訳です。




この人達は どんな環境でどんな生活を送り  毎日何時間通勤に時間を費やしているんだろう?


危険と隣り合わせの生活を送っているんだろうな・・・


などと妄想しながら  ボケーっと眺めていました。




色んな環境の人達と関わりあって  私達の商品が存在する事 


自分がこんな事をしている事に 改めてゾクっとしてしまいました。
















campecheの夕暮れ






 



打ち合わせを終えて2時間弱の道のり。


ジャングルの茂みに伸びる一本道。








メリダへの乗り継ぎ    ローカルのバスターミナル







メキシコシティーとは違う  一面の平地に広がる木々の間に覗く夕暮れ



こんな記憶も懐かしい


でもほんの2ヶ月も経ってないよ。




そう 今日は  この地で打ち合わせをした新しいサンプルが届いたのです。



こんなはるばるな場所から。






メリダでは半日だけ海へ行き  中華のブッフェをテイクアウトして


ビールを飲みながら海でぐだぐだしてたら


その中華に当たって  夜胃がキリキリ痛すぎて寝れなかったのももう過去の事。













メリダの夕焼けは トロピカルだなぁ


美しい






メヒコのウソ ホント

 


現在発注を掛けているチアパス州の「サンクリストバル デ ラスカサス」は


雨期の現在 とても気候が不安定で  先日出張で訪れた際も


急な土砂降りに加え 夜中の真冬並みの冷え込み などなど


身体も慣れるのに忙しい。




そんな中、 商品をお願いしているセニョーラにオーダーをし


大体の納期を確認し。



きっちり上がる訳が無いので 少し多めに見てもさすがにもう出来てるでしょ と


確認入れてみるけど   電話も出ない メールの返事もない


始まったか?と思っていた矢先 何とも言えない一通のコメントが帰ってきました。




「この前 大きな竜巻が発生して うちの村を襲ったんだけど


 あなた達のオーダーしていた商品が  その竜巻に襲われて

 
 全部飛んで行ってなくなってしまったの!! だから作り直すから遅れるわ」



  • • • •


  ?   ?   ?   ?




これは新たな手口?w   


いやいや信じるか信じないかは 私次第?!



どちらにしろ、商品を作ってもらわないとならないので 待ちますけど?



でも、この地域は去年もそうだし 大気の状態が異常に不安定になった時


竜巻が発生しているようで それはさすがに本当だとしても ね。




ね ね。








メキシコの薬がおかしい件

 









!!!


いやいやおかしいって!w






強い菌の影響で 早くも2週間 喉と咳にやられてまして


さすがに診療所行きましたよ。


抗生物質をイヤでも飲まないと これは治らんな という判断で。





その抗生物質 箱を開ければ たったの3つが 不規則に並び


一つの錠剤の直径が1,5cm w



そんなでかいの飲めないって〜



やるなあメヒコ















クラシックなホテル

 







メリダで御世話になったホテルは 普通にセントロにあり 高くもなく  安すぎず


部屋には冷房も着いてるし エコノミコなよいホテルでした。






古いホテルを奇麗に保ち 特に食堂がこのホテルのウリとみた!






















毎朝の朝食が 劇的に素晴らしい演出になりますよ。








夕方の景色も これだもん・・・



いかにもトロピカルな夕暮れって感じ。






日本ボケ

 


一難去らずにまた一難


メヒコに戻った2月中旬から 今の今まで


ほんとにロクな事が起こらな過ぎて


神様 こんなに一気に試練を課せなくてもいいんではないすか?と



どんだけ災難も続くのかな?


春よ来い〜




先日 仲の良い友人達を呼び  夜の屋上でビールやワインをたしなんでいた時の事


日本人の友達に こんな現状をグチったら


「ちーちゃん ここを何処だと思ってんの? メヒコだよ〜 日本じゃないんだよ。


 そんなの今に始まった事じゃないじゃん! 


 ちーちゃん 日本に長く居たから メヒコってものを忘れちゃってるんだよ。


 日本ボケ 日本ボケ」



と言われてハっとしてドキっとして  そうじゃん! って納得。




日本は日常のトラブルが 圧倒的に少ない国ですよ。。






そんな中  現実逃避にもってこい メキシコシティー郊外のValle de bravoまで


車で2時間の遠足に。



友達と一緒に素敵な Hotel Rodavento まで1泊2日で 束の間のリラックスタイム。


まだまだ探せば色々あるのよね メヒコって。

























 


 
ここは レストランも美味しいし 珍しくサービスもいいし 


何と言っても プールと併用してるジャグジーが温かくて


わたくしには 完全に露天風呂です。



海外やメキシコ中から 遊びに来てるファミリーが


プールではしゃいでも ジャグジーには熱すぎて入れない模様。  笑




ちびっ子達から  めちゃくちゃ質問責めだよ〜


何であなた そんなに入ってられるの〜? 私なんて もう 熱すぎてロティサリーチキンだわ 笑



表現の仕方が ここは自由過ぎます !


























クエルナバカ

 

先日始めて行ったクエルナバカ


D.Fから更に山を越え 1時間経つと下り坂の続く気候の良い土地にたどり着く


そこがクエルナバカ

















いい〜感じの緩い街


緩〜い街には だいたいこんなおっさん方がタムロしてるもんです






明けましておめでとうございます

 

新年 明けましておめでとうございます❗️


皆さん 素敵な年末年始をお過ごしですか?




私達は、年末にオアハカ出張があったので そのまま海へ。

ZIPOLITE シポリテという海で  のんびりバケーションしてきました。


31日  2013年最後の夕陽をみるべく Playa amor ー愛の海岸へ行くと
なんとそこは ゲイの皆さんで溢れる海岸で しかも殆どの殿方は全裸で
ワイルドな Playa amorでの一時でした。







Playa amorはヌーディストビーチとしても有名な事は知っていたのですが
まさかゲイの皆様のヌーディスト ビーチとは知らず 
開放的な殿方達と一緒に夕陽を拝みました w


本当にきれいだったよ〜
















全裸の男ばっかり・・・   w








2013年は、一言 「再会」の一年でした。


昔の仲間や、しばらくぶりの人達と 再会を喜び合い  成長を喜び合い
少し立ち止まり振り返る時間が持てたり  そういう機会をその人達が与えてくれたり
やっぱり 何処にいても「人」だよな…って   周りの支えてくれる人達の
温かさ 心地良さを 沢山感じた一年でした。


身近な友人や仲間とは もっとぎゅーーっと近さを感じたというか
常日頃会えないからこその 相手を想う気持ちや優しさ 
そういう事が 素直に自然に出せるようになっていた気がする。
それも自然にね。 歳なのかな。
一緒に歩んでいる そういう実感。


みんなが同等に大人になったんだよね。




気づいてみたら charritaを始めてもう6年も立ってしまって
7年目に突入ですよ。



7年もメヒコにいるんだ 私 と改めて考えてみたり
色々今後の事も考えてみたり。



2014年はどんな一年になるかな。
どんな方向に向かっていくのかな。


方向性を決め  流れるままに進んでみる というのもいい。
自分の気持ちを見つめ直し  気持ちに正直に生きる
そういう生き方をしていきたい  そう思います。




2014年も皆さんにとって 健康でよい一年でありますよう


どうぞ今年も宜しくお願いします。




 













Calle de la esperanza

 

















村からの帰り道は エリちゃんは前向き 私はいつも後ろ向きで戻って来る



蝶の大群と緑とキラキラの光に溢れるこの大好きな田舎道

Calle de la esperanza  希望の道と名付けます


さっきの田舎の村へ続くこの道が 私達に希望を与えてくれました




















| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others


(c)charrita