charrita

top project products snap catalog blog contact

友達のベイビーにご対面

 
こちらもOAXACAにて





フェルナンドと





ラケルの間にやってきた 生後10日のベイビー











ようこそ〜 この地球上へ!


こんなに可愛く産まれてきちゃって まあ・・・・














OAXACAという場所

 

またまたブログ空いちゃってスミマセン・・・

OAXACAへ行ってました。



オーダー商品の受け取りや 次のシーズンのサンプルの仕込み 買い付けなど

いつ行ってもOAXACAという場所は体力を使います。






ソンブレロは 最近ではここD.Fのメキシコ人にも好評でとても嬉しい事


久々のNEW MODELの仕込みは 生産者のおじいちゃんとのやり取りがとても大変

こちら側のイメージを どこまで形にしてくれるか。

ファーストサンプルは誰でも大変な作業な上 今は近くに居ないのでチェックに行けない

という現実問題も。


でもきっと長年の関係性で カバー出来る事を願ってね。

また違ったタイプ お帽子的なツバの広めなものや もう少しガーリー寄りなものなど

バリエーションも豊富で上がりが非常に楽しみです。 













実は少し前に OAXACAでネガティブな事があり ここに書くかどうか迷ったけど

今回その事が再確認出来たので 書く事にします。


OAXACAへ旅行される日本の皆さんもとても多いので

是非 頭に入れておいて頂きたい出来事です。




その事実は 私が日本へ出張中の5月

エリアス君がオアハカへ出張中 道中で強盗に合いました。

誰も想像していなかった そしてあまりの突然の出来事で

日本に居た私も家族も友人も 本人からの一通のメールを見て パニックを起こしてしまった程

ショックな出来事でした。



そしてその出来事は 特別な環境で起こった訳でなく

誰でも運が悪ければ起こりえるという事が 現地の人に寄って明かされ

本人は現在もトラウマになっていますが 命が無事でそれだけで良かった・・・・



場所は 観光客が良く訪れる織物の村 テオティトラン デル バジェ付近

日中の国道沿いで 車のタイヤの調子が悪くなり外へ出てチェックしているところ

チンピラ2人乗りバイクが2台近づいてきて 車を囲み ナイフとピストルで脅し

持っていた現金とi-phoneを奪われました。



やり方も功名で常習半と思われる。

国道沿いには車が多数通るけど あたかも他人には

車外に出て 友人同士で話をしてるかの様にしか見えないシチュエーションを作り

主犯格が ずっとナイフを突きつけ 上着のポケットに手を突っ込みながら

なんならピストルもあるんだぜという仕草で 4人で脅すという

そのうちの一人が車へ入り込み  隠していた別のバッグから i-phoneと現金を奪い

彼がポケットに持っていた財布から現金も奪う 

そして十分な収穫があった彼らは 二手に分けて国道の左右に分かれて逃げて行ったそう



OAXACAを訪れた事がある方は「ええーっ あんな場所で?」って思えるかもしれない。


そしてそれは単純に偶然の不運で有って欲しかったけど

仲良くしている近郊の村の生産者に話すと


「あー あの場所でその話よく聞くよ。しょっちゅうだよ。だから今はタクシーも

 バスもあの近辺では停車しなくなったんだよ」


と驚きの事実を教えられました。


えええーー ただの偶然ではないんだ・・・ 恐ろしすぎるじゃない



テオティテトラン デル バジェは タペテ生産地として有名で

日本人も外国人も 観光でも仕事でも 多くの方が訪れるという部分を狙っての

計画的な犯行なんだね。 そして もしかしたら そのバイクのメンバー達は

いつも獲物を狙って その辺で待機しているのかもしれないね。

だって余りにも 偶然過ぎるし そんな事実今迄起こるなんて考えた事もないし

いつも十分気をつけてはいるけど そうなってしまったら仕方あるまい。



被害にあった本人も その時は相当なショックとパニック 

そして怒りと吐き気に襲われたって言ってた。

怒り込み上げながらも 相手を怒らせないように冷静に振る舞うのが

凄い大変だったって。


自分がそんな目にあったら 恐怖で気絶しちゃうだろうなあ・・・


そんな事があったのと それが意外に普段から起こりえるという事らしいので

OAXACAを滞在する皆さん OAXACAにお住まいの皆さんも

十分気をつけて行動して下さいね。

あの近辺では車は立ち止まらずスルー スルー!!

テオティトランを訪れる際は 直行バスやタクシーで。





ああ オアハカ  オアハカ











 



















なんだろ いつ訪れても OAXACAという土地に

心の中を見透かされているような気分になる


そして自分の意思では逆らえない 大きな流れや渦があって

生命力とか自然の力や感じる波長のままに行けば良い って


言われてる気がする





















oaxaca short trip

 

先日アテンドの仕事など OAXACAへ行ってきた訳ですが
住んでいた時よりも ぐっと濃くて面白かった!
というのも 久々に会う友達がいっぱい居たっていうのもその一つかも。


それでいて また前述のブログではないけど
同じ事を同じタイミングでしている という事で
何と去年 日本からオアハカに戻ったタイミングで 
タクちゃん夫婦がオアハカにハネムーンに来て  連れて行った村の生産者の所に
今回も別のカップルを連れて行ったという事実が 妙に可笑しい。



いつも食事や酒を振る舞ってくれて 家族のような関係のこのお宅へ
なんでこの写真って?! 笑

来年はどんなカップルをハネムーンで連れて行くか
今から期待が膨らむばかり。


夜はバッタリあったAlexのライブが行われていたLa Biznagaへ







酒 呑む 呑む 呑む




こちらは珍しいニカラグアのラムですって
みんな美味しいって言ってたぞ 勿論ストレートで


でもって 仕事の休みな日曜 フェルナンドカップルと
インチキニホンショクを食らいに




彼女はジプシー風のモンテレイ出身 ラケル  
可愛い


そして別の日はこの人 boojilことアキと2日に渡って会合
初日はサシで


美味しいごちそうが食べたいというアキが casa oaxaca行ってみたいというので
また出陣。
2日前にも来たので ちょっと恥ずかしい。
サービスのおじさんも 君は良く来るね♡と良くしてくれるのでまあいいか。

すっかり大人になったもんだわ


boojilアキも 不思議な出会いで 初めてはオアハカだった。

ホームステイしていた宿に旅人として現れ お互いまだ見えない未来へ不安を抱えつつ
どうなるか分からないけど お互い頑張ろうね!と約束を交わし

どうですか! 今の彼女

私もcharritaとして5年目で色々成長させられた訳だし

同じテンションの人とは どんな環境にあっても真剣に交わせるものです。



2日目はアキがエリちゃんとスペイン語で話した〜〜い♡というので

仕事が終わった夕方から いい感じのテラスのあるスペイン風バルへ


インテルカンビオ(交換授業)中の二人   
ノ〜ノ〜ノ〜と注意されまくり


アキがどうやら食に飢えているらしく 美味しいものが食べたいの というので
4個のピンチョス+ビールかグラスワイン=100pesos というセットを
考えずにみんなで頼んでしまって



こんなボリューミィーな物が 一人4個ずつ=12個
そして他に頼んだ飲み物にも プロモーションで2個同じ物がやってきて
しまいには テーブル中がこのでかいパンの嵐になり
挙げ句の果てに 別に頼んだ数品のディッシュにも付け合わせのパンがやって来て
もう パンが20個以上のテーブルが見苦しくも愛らしいものでした。

端から見て あいつら何故にそんな食べ物ばかり パンばかり
みんなオエってなる程腹パンの会合でした。

アキもワインなんぞ呑めるようになっちまって ヒューヒュー

 






Adios la casa de oaxaca


 
いっぱいの思い出と共に さよなら




























・・・ としっぽり終わるはずだった最後のモメント








ガガガガーーとバスが道路にめり込んで 動けずじまいになって大騒ぎしてました。



またね!オアハカ




今日は引っ越し

 

長かった ここまでが。

でも今日ようやく引っ越しです!
たどり着けました。


引っ越し屋を探すのも大変でした。
というのも、OAXACA-D.F間 結構お値段高い。
そりゃそうだ。距離にして400km以上あるからね。時間は6,5hはかかる。

でも絶対何か安い方法はあるぞ!と色々な手段で探しましたところ
「プライベートの引っ越し」ではなく
「他の人達とスペースを共有する いわゆる乗り合い引っ越し?」
的な物が見つかりました。

この非合理的な国 ザ・メヒコにて   こんなにも合理的 いや画期的な手段があるとは・・
そして まさか私達がそれに御世話になるとは ハァ。

値段は約半額で ただし乗り合い相手が見つからなければ 
いつになっても引っ越し出来ないというリスクはありますが まあここはのんびりメヒコ。

待ちますよ いつまでも。 半額になるのなら。



昨夜は夜3時迄 意識失いながら作業し
今日朝8時半に荷物の引き取りに来るという約束。
よっしゃ5時間は寝れるぞ!  
8時と8時15分に目覚ましかけてバタンQ でコロリ。

数時間後「今から行きますよー」と一本電話が鳴って5分後には家に到着。
時計を見てみると・・
「おっさ〜ん まだ7時なんですがーー!!!」

またしても!! この時計のないメヒコで約束の一時間半前にやってきたよ! 笑
おっさん3人が。

もう面白いんですが ホントに。
いちいち面白いよ。

こんな早朝から 沢山の段ボールやら冷蔵庫やら 良く働いてくれました。
アンダレ プエ〜スとか良くしゃべりながら。
あんなに沢山の荷物も1時間ですっかり空の状態に。


しかーし 唯一我が家のバカデカイソファーのみ
どうやっても家から出せません。
でも家の中にあるってことは 入ったんだよな。。
ハハ〜ン  一つだけ鍵が壊れ開かないドアがあるので
そこを開けるしかないな。

という事で引っ越しは一時中断。
鍵を開けてくれる人を探しにエリちゃんが出かけていきましたとさ♬
ホントにどんな時でもメヒコタイムだよな〜
みんな焦ったりしないからね こんな事じゃ。
おかげでわたくしも若干メヒコタイムになりつつありますけど。
だってさ、最終的に何とかなるんだから 焦ってもしょうがないじゃん!
ていうのがメヒコの常識であります。 あしからず

2時間くらいして鍵も開き ソファーも無事去って行きました。
D.Fのアパートの入り口 測ってくるの忘れちゃったので
このソファーが唯一の心配事ではありますが・・ 
まあメヒコなので何とかなるでしょう ハハハ


ちょっと心配なのは・・
荷物の数をノートにメモせず 口だけで数えていたからね。 笑
ほら よく子供が数数えながら 別の人がいたずらに変な数字を口に出して
最終的に数を間違えちゃう あんな感じ。
絶対荷物の数 合ってないから!!
途中で数字変わってるよ おっさん。
だって46だっけ?47だっけ?って会話聞こえたもん!


荷物は当日には届きません。
他の荷物も積んで 明日オアハカを出るそうです。

荷物パクらないでよ〜 
間違えて他の人の所に行かないでよ〜

もう何が正しいか分からないメヒコです☆


きっとD.Fでもハプニングが待っている事でしょう〜
お楽しみに☆






 


チャリ

 

ソンブレロの生産者のお宅に先日発注した商品を引き取りに。


前回の発注時   見つけちゃったの

チャリを・・      オホホ


しかも 娘さんが乗っていたというかなり貴重な(お父さんにとって)年代物
フォルムは60'sくらいと思われるよ。






どうなんだろ〜〜 可愛いのか?  ギリギリなのか??

自転車を立てるための棒なんて あまりにも直角な気がするし
それだけやたら長いし





アメリカ製かなあ  
なんかいいでしょ?   

どうでもいいけど このドぎついショッキングピンクは
今の感じではあまりないよね








D.Fでは自転車に乗ろうと意気込んでいたので
本当にラッキー☆


微妙に低いハンドルと運転しにくいカーブは
慣れるのに時間かかりそう




哀愁さそう背中にキュンときた!









言いたくないけど言わなければならない

とても辛いひと時でした

D.Fに行くって事。


このおじちゃんは 私達を自分の子供達かのように

可愛がってくれたからなあ・・




まだ全ての生産者には話してないけど  言わなきゃならない時が迫ってる


これからもオアハカには来るから 引き続き宜しくって事で

涙なしでお別れしたい・・・





 


smile

 





smile  smile   smile




時間の経過

 








瞬間

 





絶妙な瞬間




一番のストレス

 

ちょうど色々な出荷が重なり 黙々と仕事の日々です。


ここの事情は  ホントにびっくりする位物事が進まないので
こちらが先回りして先手打って 色々なシチュエーションを想定しながら進めるんですが。
それだけで 無駄な労力を何十倍も使ってるんですけど。


今回 また同じ事繰り返された大手運送会社 D社が
一番ストレスである事を再確認したので こんな事書きたく無いけど書きます。


出荷の荷物が大量な時は(日本だったら殆どが集荷サービスだけど)
普通集荷してもらいますよね? 
オアハカにはD社か郵便局くらいしか無いので 今回はD社を使うんですが
これがタチ悪いのなんのって。


まずは 集荷サービスの受付電話が何故メキシコシティーなのか?
オアハカなんだからオアハカで集荷センター作ってよ。
訳の分からない電話サービスなんていらないから
もっと簡単にオアハカで集荷受けて取りに来てもらって 
それだけの事じゃん? 出来るでしょそれくらい? 


前回も、前々回もそうだけど この会社  集荷予約入れて そのまますっぽかすからね。
もう一度言います。
集荷をすっぽかすんですよ。

何と今回も同じ事やられてしまった・・


で、その集荷サービスでいつも言われるのが
「朝9時から夜7時迄の間に行きます」って アホか。
なんでそんなに時間幅が広いの? 一日ボケーっと待ってろって?
でも一応外出はせずに待ちますよ。その間に来たら嫌だから。

待ちますよ  でも来ないんですよ。。
電話で何度も確認してるんですよ。
電話する度に何度も同じ事聞かれる。
お客様ナンバーとか何小口とか金額とか毎回答えてるんだけど。
???

「今日の7時迄に行きますから」
と受付の女はその都度言ったよ。

で最終的に連絡もなく 集荷にも来ない。


私達 どうしたらいいんですか? こういう場合。


箱が5箱くらいだったら車に積んで行きますよ。大変だけど。

でもワンカートンが半端なく重く それが大量の場合 集荷しかないでしょ。


先週の金曜に先回りして集荷連絡を入れておきました。
昨日は家での作業をしながら 一日待ち
2時間置きくらいに電話確認し 「必ず今日来る」と言うので待っていたのに
結局また来なかった。

最後の電話が18時半 まだ来ないから嫌な予感してたけど
「少しお待ち下さい」がすごーーーく長い時間待たされ
最終的に
「今日はオアハカでボイコットが有ったから行けなかった」と普通に言われた。


もうね 理解の範囲を超えてるんですよ。
無理   ギブアップ キャパオーバー 白旗


私達は早く送れるよう一生懸命作業して 生産者にも頑張ってもらって
昨日も先回りして 車の車庫に全部出して積み上げましたよ。
作業員がやり易い様に。


日本のD社が 誤ってこんな事しちゃったら 一日で終わると思うんですが。

オアハカのオフィスに前回クレーム行った時、
そちらで直接電話でクレーム言ってくれ と言われました。

・・・?


集荷受付のメキシコシティーオフィスから オアハカの集荷係まで
絶対連絡してないと思う。
していたとしても投げっぱなし 後は知らんって。
集荷係も カートン数がかなり多いので面倒だと思ったんでしょう。
組織ぐるみかよ。


先日街中でD社のワゴンを見つけた際、「集荷に来てくれ」と頼んだけど
ことごとく断られたしね。
大体ドライバーが直接お客さんと話せる携帯持ってないし。
ちょっと位賄賂払って それでも来てくれた方がいいんだけど。

ここの人達は サービスの本当の意味を知らないし
知ったところでどうでもいいんだろうね。

自分には得しないし 他人の事だから関係ない。
だから やらない。



今朝 早朝に再度D社に電話し 昨日の件クレーム言って
今日の12時迄に集荷に行かせるとか言ったけど
また〜 そんな事言って〜〜 来る訳ないでしょ。

別のD社取り扱いのオフィスに電話して集荷可能か聞いたけど
そんなに多いカートン数の場合は集荷出来ない!とハッキリ言われたからね。
ここは謎が多い。


もういい!

自分達で何往復して運ぶか 誰か大きい車持ってる人を探すしかない。

とにかく この大量荷物達を 無事出荷する事


それが今日の目標


ああ少しスッキリ








| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others


(c)charrita